あか牛とは

くまもとの「あか牛」とは

くまもとあか牛熊本のあか牛は、全国では熊本県で最も多く飼育されています。  熊本県内で12カ月以上肥育された褐毛和牛の牛肉で、霜降りの度合い(BMS)2以上のものが熊本のあか牛となります。 熊本のあか牛の魅力は、何と言っても余分な脂分がなく、赤身でほどよい噛みごたえがあることです。  噛めば噛むほど「甘み」を感じ、口の中においしい独特の風味が広がります。 ヘルシーでありながら、適度な霜降りもあり、和牛としてのコクも持ち合わせています。

(熊本県経済連HPより抜粋 資料:「あか牛」肉の特徴 >>こちら<<


旨乃蔵(うまのくら)のこだわり「あか牛」

 

肥後あか牛 サーロインステーキ

 

A4以上の等級を使用しています。

 

資料:「あか牛」肉の特徴 >>こちら<<

 

 

 

肥後あか牛 「テンマル」または「イチボ」「ランプ」

 

 当店の「あか牛丼」は、このような希少部位を使用しています。

 

 資料:「あか牛」肉の特徴 >>こちら<<